本文へスキップ

夫婦修復・家族問題を夫婦カウンセラーと考える

東京で夫婦問題のカウンセリング〜離婚・別居に伴う子供のケア・親権問題の解決にも尽力〜

東京で夫婦問題のカウンセリング・関係修復の相談なら

東京で夫婦問題のカウンセリング・関係修復の相談なら

東京夫婦問題カウンセリングをお考えなら、関係修復の悩みにも対応する【夫婦問題相談室 フォルテ】がお力になります。どんなに仲の良い夫婦でも、慣れやスレ違い、おしゃれに気を使わなくなったことなどがきっかけで、倦怠期を迎えることがあります。

倦怠期を境に夫婦関係が悪くなり、別居離婚を選択するケースも珍しくありません。しかし、専門的な知識を持った第三者の的確なアドバイスとふたりの努力によって、夫婦関係を悪化させずに適切な方法で関係修復を図ることもできます。

倦怠期に気付いたら、東京で夫婦問題を専門に支援を行うスペシャリスト【夫婦問題相談室 フォルテ】へご相談ください。

離婚・別居に伴う子供のケア

離婚・別居に伴う子供のケア

子供の年齢に関わらず、離婚や別居の際は心のケアが必要です。親から見ればいつも通りでも、周りの変化に敏感な子供は悲しみや不安を抱えています。

子供を安心させるためには、離れていても大切な子供であり、愛していることに変わりないと言い聞かせることが大切です。

たとえどんなに相手に対して嫌悪感があっても、子供の前で愚痴を言ったりするのは絶対に止めましょう。

夫婦問題のカウンセリングは東京の【夫婦問題相談室 フォルテ】〜無料相談で子供の親権問題についてもアドバイス〜

夫婦問題のカウンセリングは東京の【夫婦問題相談室 フォルテ】までお問い合わせください。無料相談で子供の親権問題についても適切にアドバイスいたします。

お子様がいらっしゃるケースの離婚では、“親権”の問題は切っても切り離せません。親権者の「親権」は、未成年の子供を監護・養育し、その財産を管理できる権利で、具体的には「身上監護権」と「財産管理権」に分けることができます。

「身上監護権」は生活を共にし、子どもの身の回りの世話や養育をする権利、「財産管理権」は子どもの財産を管理する権利のことを言います。つまり、親権者は、子どもの「身上監護権」と「財産管理権」を併せ持っているということになります。夫婦が親権を定めるにあたり、やむを得ない事情や子どもがある程度の年齢に達している場合などの特別な事情がある場合は、親権者とは別に監護者を定めることができます。

親権の内容を把握しておけばあとから悔やむこともなく、子供の急激な環境変化の問題にも対応しやすいです。離婚を伴う夫婦問題でお悩みでしたら、東京の【夫婦問題相談室 フォルテ】へご相談ください。

東京のカウンセリングで夫婦問題について相談するなら【夫婦問題相談室 フォルテ】へ

会社名 プランニングフォルテ
所在地 102-0084 東京都千代田区二番町5番地2 9F
メールアドレス info@planning-forte.com
URL
業務内容 家族問題・結婚問題・夫婦問題などのカウンセリング
説明 夫婦問題相談室フォルテでは、夫婦問題を抱えている方へカウンセリングの無料相談を行っております。夫婦関係修復・離婚・家族・結婚問題・子育てでお悩みの方向けに、日本能力開発推進協会(JADP)の認定資格者の夫婦カウンセラー・家族療法カウンセラーがお悩みを伺い、ご家族の幸せのために一緒に考えます。

東京の家族問題やカウンセリングに関するコンテンツ

夫婦カウンセリング フォルプランニングフォルテ

〒162-0052 東京都新宿区戸山1丁目
info@planning-forte.com
03-6262-9650